歯の磨き方一つで口臭は防げる!口の中を清潔に保つ口腔ケア

歯の磨き方一つで口臭は防げる!口の中を清潔に保つ口腔ケア

体の様々な箇所から発生する臭いは、時として周囲の人を非常に不快な気分にさせてしまうものです。そうした体臭の中でも多くの人が悩むのが口臭です。

臭いの強いニンニク料理などを食べた後は、誰でも口臭が出てしまうものですが、こうした食べ物によるものではなく、口腔環境が悪いことによって引き起こされる口臭もあり、これを改善するには適切な対処をすることが大切です。

食事などで食品を食べた後は、水で口をゆすいだとしても食べ物の食べかすが歯の間などに残ってしまいます。また、これらを放置しておくと歯垢や歯石になってしまい、更に取り除くことが難しくなります。

これらを口の中に残さないためには歯磨きをするのが最も有効な方法ではありますが、その歯磨きも、正しいやり方で行わないと口臭の原因となる食べかすや歯垢を取り除くことが出来ません。

大人も歯磨きの仕方をおさらいするべき

まず歯磨きにかける時間が短すぎると、当然口の中の食べかすなどを綺麗に取り除くことが難しくなります。歯を磨く時には、歯の表面だけでなく、歯茎と歯の隙間にもしっかりとブラシを当てて、隙間に詰まっている食べかすをきちんと取り除くことが大切です。

歯ブラシは、闇雲に力を入れて磨くのではなく、軽い力で歯や歯茎に当て、小刻みに動かすことで効率的に歯垢を取り除くことができます。

ゴシゴシと広い範囲を単純な動きで磨くのも歯垢を除去する上では効率的ではありません。歯を一本づつ丁寧に磨き上げる事を意識することが大切です。

また、一方向から機械的に磨くのではなく、歯の形や生え方に合わせて歯ブラシを縦に持ち替えるなどして、様々な方向から歯ブラシを動かすというのが効果的です。

歯並びが悪かったり、奥歯の隙間など歯ブラシが届きにくい箇所は、歯間ブラシやフロスを併用するのも有効です。

食事の後や就寝前に歯磨きをすると共に、口腔内の雑菌の繁殖を抑えるマウスウォッシュなどを使って口腔ケアを行なうのも口臭を予防するのに非常に高い効果があります。

口臭の原因って何?人によって違うの?

口臭には様々な原因があります。口臭の原因にも様々なものがあり、病気からくるものと生理的現象からくるものがあります。

生理的なものは、自然に発生するものの他に、食べたものや煙草、アルコールを摂取する事により生じる臭いの事です。

特に口臭の原因となりやすいのはニンニクやネギ、ニラ、ラッキョウ、キムチといった臭いが強い食材です。

とりわけニンニクは臭いの成分が腸から吸収され、肺から息と出されるので臭いが残ります。また、本人にはあまりわかりませんが、アルコールも非常に強い臭いが口から漂います。

口から臭いを感じた際は、事前に香りの強い食材を使用した料理やアルコールを摂取していないか振り返ると良いです。また、それらの食材を摂取した場合は、牛乳や梅干、レモンといった食材が臭いを薄めてくれます。

歯磨きを行うとより効果的です。 病気からくる口臭には様々な原因のものがあり、
鼻やノドの病気である蓄膿症や扁桃炎、胃腸の病気である胃炎や胃拡張、肝臓病、腎不全、糖尿病、がんなど様々なものがあります。

やはり虫歯と歯周病は口臭の原因になっていた!

それらの原因の中でも最も口臭の原因となるのは、口の病気である虫歯と歯周病です。恒常的な口臭の原因の9割は虫歯と歯周病であると言われています。

虫歯は、虫歯菌により歯に穴があいた状態のことです。そこに食べ物のカスが詰まってしまうと、細菌が繁殖し歯垢となり悪臭を発し、それが口臭となります。

歯周病は歯と歯茎の境目にプラークが溜まり、歯肉が炎症を起こします。細菌の増殖でガスが発生し、それが口臭の原因となります。これらを予防するには、しっかりと歯を磨く事が非常に重要です。

特に就寝前の歯磨きは重要です。睡眠時は唾液の分泌量が減少するので、口の中の最近が繁殖しやすくなるためです。

また、歯と歯の間のプラークをこまめに除去し、細菌が繁殖しないような口内環境を作る事も重要です。歯ブラシだけではプラークは除去出来ないので、デンタルフロスを使用すると上手に除去できます。