口臭の原因って何?人によって違うの?

口臭の原因って何?人によって違うの?

口臭には様々な原因があります。口臭の原因にも様々なものがあり、病気からくるものと生理的現象からくるものがあります。

生理的なものは、自然に発生するものの他に、食べたものや煙草、アルコールを摂取する事により生じる臭いの事です。

特に口臭の原因となりやすいのはニンニクやネギ、ニラ、ラッキョウ、キムチといった臭いが強い食材です。

とりわけニンニクは臭いの成分が腸から吸収され、肺から息と出されるので臭いが残ります。また、本人にはあまりわかりませんが、アルコールも非常に強い臭いが口から漂います。

口から臭いを感じた際は、事前に香りの強い食材を使用した料理やアルコールを摂取していないか振り返ると良いです。また、それらの食材を摂取した場合は、牛乳や梅干、レモンといった食材が臭いを薄めてくれます。

歯磨きを行うとより効果的です。 病気からくる口臭には様々な原因のものがあり、
鼻やノドの病気である蓄膿症や扁桃炎、胃腸の病気である胃炎や胃拡張、肝臓病、腎不全、糖尿病、がんなど様々なものがあります。

やはり虫歯と歯周病は口臭の原因になっていた!

それらの原因の中でも最も口臭の原因となるのは、口の病気である虫歯と歯周病です。恒常的な口臭の原因の9割は虫歯と歯周病であると言われています。

虫歯は、虫歯菌により歯に穴があいた状態のことです。そこに食べ物のカスが詰まってしまうと、細菌が繁殖し歯垢となり悪臭を発し、それが口臭となります。

歯周病は歯と歯茎の境目にプラークが溜まり、歯肉が炎症を起こします。細菌の増殖でガスが発生し、それが口臭の原因となります。これらを予防するには、しっかりと歯を磨く事が非常に重要です。

特に就寝前の歯磨きは重要です。睡眠時は唾液の分泌量が減少するので、口の中の最近が繁殖しやすくなるためです。

また、歯と歯の間のプラークをこまめに除去し、細菌が繁殖しないような口内環境を作る事も重要です。歯ブラシだけではプラークは除去出来ないので、デンタルフロスを使用すると上手に除去できます。